埋没毛ができる原因とその対処法は?

埋没毛について

埋没毛について考える女性
脱毛を自宅でやっているときに埋没毛ができてしまうことがあるのではないか?
と思いますが、どうしてそういった状況が生まれてしまうのでしょうか?
埋没毛というのは、ある条件が存在したときに発生する確率が高いのですが、それは肌に負担のかかる脱毛の仕方をしたときになります。
例えば、肌にとって負担のかかる脱毛をしてしまうと、肌がその部分を守ろうとする力が自然と働き、その結果角質で覆われたりすることがあります。角質は肌を守ろうとする機能も持っているということです。
そして、肌の表面が角質で覆われた結果、その中に毛がはさまってしまい、埋没毛となってしまうというメカニズムがあるのです。
具体的に言うと、カミソリで強く剃りすぎたりすると、角質ができやすくなるので、毎回肌を脱毛するときには優しくやっていく必要があります。

埋没毛の対処法

埋没毛ができてしまったときの対処法としては、角質の除去が重要になるので、洗顔をより丁寧にしたりして、できてしまった角質を除去することをすると良いです。
ただ、そのときにも優しく行わないといけません。肌に対するダメージが角質を生むことになるので、肌にとって刺激になるような洗顔料は使わない方が良いですし、強くこすったりしない方が良いので、気を付けましょう。ただ、角質ケアをすることで埋没毛を取り除くことができる可能性が高いのは知っておきましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*