Vライン脱毛について

Vライン脱毛について
脱毛サロンでキャンペーンをやっているとしたら、だいたいが脇コースかVラインコースだと思います。
それくらい脱毛としてはメジャーな個所となります。
特に夏など水着や肌の露出が増える時期にVラインが気になる人は多いはずです。

Vラインの毛は自己処理が厄介

そして自己処理が厄介な個所でもあります。
もともと女性の大切な場所でもあるので、守るために毛深いことが多いです。
皮膚が薄く毛が濃い箇所なので、カミソリで剃るとカミソリ負けし皮膚に傷がつきます。
ピンセットで抜いても同じです。
とても痛みを感じる箇所です。
自己処理が終わっても赤みをともなったり、毛が埋没する可能性が高いです。
一度埋没すると綺麗にするのは難しいため、Vラインは脱毛サロン等での脱毛をおすすめします。

Vラインの毛の処理は脱毛サロンで行おう

Vラインは脇と同じく、範囲が狭いので30分程度で終わるので気軽に通えるコースです。
水着を着る際も毛の心配する必要がなくなります。
Vラインは他の部位より毛が濃い傾向にあるので、10回ほどの施術で薄くなり、気にならなくなるでしょう。
2年半もしっかりと通えば気にならないレベルになるでしょう。
施術の前に自己処理をするとおもいますが毛の生えている流れに逆らってカミソリで剃るのはやめましょう。
埋もれ毛や皮膚トラブルの原因となります。
カミソリを使って泡を沢山使って優しく剃るといいです。
施術の時、強い痛みを感じることが多い箇所なので、スタッフの方と相談し、光のレベルを調節してもらうといいです。
痛いのに我慢をしているとあとで赤みをともなうことがあります。
デリケートゾーンなので施術後はしっかりと保湿をしましょう。
ヴァセリンなど保湿力が高いものを使うといいでしょう。

銀座のおすすめ人気脱毛サロンランキングTOPへ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*